青春時代に終わりは無いと主張する大人になれない大人が日々想うこと
プロフィール

toki

Author:toki
音楽が好き。林檎が好き。
でもやっぱり週刊少年ジャンプが一番好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
来客数
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
お仕事は大嫌いです。推し事は大好きです!とは
ついにこの日がやってきた。

ももいろクローバーZ 春の一大事2013 西武ドーム大会
〜星を継ぐもも vol.2 Peach for the Stars〜

楽しみすぎるせいで、ここ数日はわりと自我が保てていない。
私に対して『落ち着いた大人の男性』のイメージを持っている方はこの先はご遠慮下さい。


14時開場なのだが、のんびり昼過ぎに行くなんて出来ない。
物販行かないとねっ!
同郷のモノノフ仲間さんと合流するため、朝7時に現地入り。
思ってたより参列者は少なめ。
行列
私の後ろは中学生男子グループ。
おっちゃんが仕事忘れて来てんだから、君らも勉強は置いてこいよ。
古文

さすがに昼頃には、西武ドーム周辺はお祭り状態!
ドーム1
ちなみにこの頃から徐々に携帯はつながらなくなり、開場時にはほぼ通信不能・・・。
ネットで知り合った人と現地で待ち合わせってのはほぼ無理だった模様でした。

そうこうしているうちに私も入場。
現地合流したノフ友さんとはここで一旦お別れ。
場内に入ると、待ち構えていたのは恐ろしく雄大なステージ!
ステージ上の5つの巨大モニターには『春』『の』『一』『大』『事』の文字が!
さらにステージを一刀両断する花道とサブステージ群!!
・・・あれ?なんでステージを見ただけで涙ぐんで震えてんの?
残念ながら場内撮影禁止なので写真はございません。
ステージを見据えつつチケット片手に席に辿り着くと、どうやらドン引きするほどの神席!!
開演までは隣の席の夏菜子推しのおにーちゃんと楽しくご歓談。

さて、ここからついに『一大事』の幕が上がる訳なんですが、記憶は断片的にしか残っていません。
理由はいたって簡単です。
楽し過ぎて頭がおかしくなっていたのですよ。
ホントならライブレポ的なものも書きたかった訳です。
でもね、4時間半・計33曲のライブを覚えていられる頭脳は持ち合わせてないのです。
なので断片的にセトリ見ながらレポを書いて行きます。

豪快な咳払いで始まった1曲目は『黒い週末』
そう来たか!!ほほぉ〜、これを1曲目に・・・あれ?なんか音が違う?
そう思った瞬間、ステージ上の巨大モニターが上昇し、中から生バンドが!!
この時点で脳内リミッターは跡形も無く破壊されました。
以前より『ももクロは絶対生バンド!』と主張してた私にとって、こんなに嬉しい誤算はありません。
白いSGから唸り声ともとれる音が飛び出し、曲は『仮想ディストピア』へ。
やばい、まぢでヤヴァイ!すごくいいぞ、生バンド!!
巨大モニターに映されるバンドメンバーの顔を見るが、知ってる人はいない。
んー、スタジオミュージシャンで固めて来たのか?
『上球物語 -Carpe diem-』ではサポーターを努めるイベントの関係で恐竜が乱入!
確か日が暮れてきての『労働讃歌』あたりだっただろうか?
私の脳内におかしな発想が生まれる。
楽しさに身を任せ、腕を振り上げ、跳躍を繰り返し、仕事中に絶対出さない大声を上げている。
なのになんで私は五体満足なんだろう?とか考える様になっていたのだ。

明日の筋肉痛なんて当たり前。
今日この会場から自力で帰れなくなるくらい全力で応援したい。
喉なんて潰れればいい。
肩なんて外れればいい。
ペンライト握り潰したって先輩様がまた作ってくれる(ハズ)
リミッターの壊れたエンジンにターボをかけてやる!

そっからはキレーに覚えてません。
次に我に帰ったのは本編中盤、ゲストである松崎しげるの登場の時だった。
多分この先『愛のメモリー』を生でフルコーラスで聴く事なんてないだろうな。
『行くぜっ!怪盗少女』で3万人の団結に圧倒されると、舞台には第二の刺客、広瀬香美が!
冬のシングルを舞台上でお願いし、これを快諾。
てっきり次は松任谷由実でくると思ってたのになー。
この歳で聴くからなのか?ももクロと一緒だからなのか?
なんにせよ『ロマンスの神様』がこんなにいい曲だとは知らなかった。

で、ここから殺人的なラストスパートが始まってしまう。
21曲目の『サラバ、愛しき悲しみたちよ』から『5The Power』『ワニとシャンプー』のラッシュ!
最後の刺客、坂本冬美が登場し『夜桜お七』『花はただ咲く』を披露。
その後は坂本冬美も交えての『走れ!』『空のカーテン』『あの空へ向かって』『コノウタ』で本編終了。
もう『死んでもいい』なんてもんじゃない。『まだ生きてんの?』の方がしっくりくる。

アンコール3曲目は『灰とダイヤモンド』。
壮大な世界観がフィナーレに相応しい。
場内が有終の美に酔いしれていたその時!

佐々木彩夏:これで終わりだと思っただろーーー!!
私:◎△$♪×¥●&%#?!÷※ーーー!!

ええ、思ってました!ただごめん、なんて叫んだか全く分かんない。
おかしなテンションの観客をよそに始まったのは『ChaiMaxx』!!
なんでライブの定番キラーチューンが残ってるの気付かなかったぁぁぁ!!
曲の最後はゲスト&バックの『ダウンタウンももクロバンド』が全員紹介される。
武部聡志と加藤いづみとTeddyLoidの名前はちょっと驚いた。

最後の挨拶で言ってたのだが、生バンドでやると決まった時、武部聡志がももクロに
『バンドで歌う楽しさを教えてあげるよ』って言ったそうな。

かっこええ!!

死ぬまでに一度は言ってみたいものだ。
終演後は同行者の方と一緒にファミレスでひたすら『楽しかった』と言い合ってました。

全部ではないけど、何作かももクロのDVDは持っています。
『ベストはどれ?』と聞かれて、返答に困る事はよくありました。
でもこれは今から断言しておきたい。
半年後くらいに出るであろう『春の一大事2013』がベストだと。
いつだって最新の彼女達が最強だったんだ。
だから現時点で『春の一大事2013』を越えるライブは存在しないんだ。
ありがとう、西武ドーム。
撮影禁止だったので、せめて公式から。
ドーム2

これだけ楽しい事があると、その分連休明けが辛いという事に気付くのは今から一週間後でした。
スポンサーサイト
【2013.04.14】 桃黒 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
上京物語とは
あまり眠れなかったバス移動を経て、朝7時くらいに新宿へ到着。
東京の地に降り立った私の感想は『寒い!』
まずはバスの中からちらっとだけ見えた都庁でも見に行こうか。

この大都会ではどこへ行くにもiPhoneかiPadが欠かせない私。
なにはともあれ『東京着いたー!』みたいなツイートをしなくては。
で、開いたiPadの画面を埋め尽くしていたのは『地震』の文字。
実家は義兄がいるからまず安心。
仕事柄、職場の状況が気になったので、同僚数人にメール送信。
そこから一切の返信が無いのに若干焦る私。
朝早い時間だったけどmixiで地震についてつぶやいてる友人がいたのでこっちにメール。
幸い早くお返事をもらえて、そこまでの被害も無い様でひとまず安心。
最初の目的地、上野のアメ横を目指すのでした。
ちなみに職場の同僚からの返信は夕方くらいにありました。
『ちょっと忙しかったくらいで、全然でしたよ』とのこと。
だったらはよ返事返せよ!とは言いませんでした。
都庁


慣れない乗り継ぎを終えたら、そこは上野。
どんなアメ横のお店よりも、最優先しなくてはいけないのはiPhone&iPadの充電!
某飲食店にてコーヒー1杯でガッツリ充電させて頂けました。

アメ横

時間が早かったので、活気のカケラも無いアメ横・・・。
まぁフラフラしてたらみるみる店が開いていって、土曜というのもあってか活気が溢れてきました。
ここでのお目当ては日本で唯一と言われるRedWingのアウトレットを取り扱うお店
少し悩んだ結果、今回はスルー。
そもそも旅行初日にブーツ買いに行くなんて、考えが無さ過ぎる。
移動時の足しになるかな?と思いつつチョークバッグを購入して上野は離脱。

昼食をとるため、向かったのは秋葉原。
食べたかったのは・・・牛丼!
サンボ
ここは『Steins;Gate』で主人公達がよく訪れる牛丼屋さん。
あまりにそのまんまな外観に少しほへぇ〜て思いながら入店。
味?それはそれは美味しゅうございました。
大手牛丼チェーン店に慣らされてたら、結構ショッキングな食感かもしれない。
なんかお肉が『ふわっふわ』なのよ。
『ふわふわ』という形容詞を『牛丼』に使う日が来るなんて思わなかった。
牛丼
いつもの癖で玉子を付けてみたが、紅生姜オンリーの方がいいかも。

食後はアキバ散策。
私は一人でアニメイトとか行ってもそんなにアガらないので、レトロゲームのお店が中心に。
昔から探してたPSのゲームをゲットしてほくほく。
『やる時間あるの?』とか、絶対に聞いてはいけない。

そろそろ宿に移動する時間なのだが、駅前に気になるお店があったので、ひとまず突入。
Gカフェ
その名のとおり、ガンダムをモチーフにしたカフェ。
入店待ちの際、私の後ろは腐女子っぽい若い女子2人組。
会話の内容からして関係は先輩・後輩だろう。
ヲタク同士の会話は客観的に聞いてると面白いものだ。

後輩:ウチらくらいの年代でカプ考えずにアニメ観てる子なんていないッスよねー。
先輩:ねー。

・・・そうなの?

しばらくして店内へ。
店内はくまなくガンダム一色!
極めつけはトイレ。
WCドア
いかにもなトイレのドアを開けると、押さずにはいられないスイッチが!
スイッチ
押した結果・・・。
ガンダムの目
壁面のガンダム起動!
ガンダム好きじゃない人にとっては驚くほど無意味なギミックでした。

次に向かったのは埼玉。・・・埼玉?
この後の予定、明日の予定を考えると、本日の宿は埼玉県になるのです。
電車の乗り継ぎを繰り返し、約1時間。埼玉県上福岡市にあるホテルに到着。
ふぅ〜っと一息つく間もなく、荷物を置いたらすぐさま大宮へ。
本日のメインイベントは大宮での飲み会!
栃木にいる師匠と大宮での待ち合わせとなったわけなのです。
大宮?それならHMV大宮店に行けるじゃないかぁ!!
このお店は国内屈指のモノノフ店として有名なお店。
この日も、試聴機はすべてジャックされておりましたw
市長


サインなんかも店内中に飾っているのです。
さいん

で、ひとしきりはしゃぎ回って師匠夫婦と合流。
距離も離れて滅多に会えないから、会った時にはお互いの近況の話がメインになる。
きっとこの日にした話なんて『他愛の無い話』に分類されるんだろう。
でも近況を話し合える状況ってのが嬉しい訳で。
当然お酒もすすむ訳で・・・。
連休序盤からとっても幸せな時間でした。

さ、翌日は連休中のメインイベントが控えてる。
楽しい時間はまだまだ続くのでした。
【2013.04.13】 雑記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
そこらの車窓から とは
現在、私はバスに乗っている。
去年の秋に京都で乗って以来のバスに乗っている。
埼玉県に向かっている。
会いに行かねばならない相手がそこに居るのだ。

ももいろクローバーZ 春の一大事2013 西武ドーム大会
〜星を継ぐもも vol.2 Peach for the Stars〜


道中する事がないので、ライブの曲順を妄想しながら新譜の楽曲に解説でも付けてみよう。

1、Neo STARGATE
アルバム全体を象徴する曲と言っても過言ではない。
これまでとかけ離れた世界観で賛否両論を巻き起こした一曲。
抑圧〜解放の感じが好き。

2、仮想ディストピア
竹を割った様な軽快なロックチューンながらもサビのメロディは秀逸。
ライブ本編の1曲目はこれじゃないかとにらんでいる。
ちなみに1曲目にこれを持って来られたら多分泣く。いや、まず泣く。

3、猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
アルバムを通して聴くと思うのだが、シングル曲達はアクが強い!
「どこへ行っても四番打者」の風格と言えばいいのだろうか。
彼女達の全力パフォーマンスとマーティのギターを思い浮かべて涙するのは私だけではないはず。
7thシングル曲。

4、5 The POWER
コッテコテの取って付けた様なラップの後は直球なサビメロ。
曲の展開も別に特筆するようなところは無い。
なのに聴く度に涙が頬を伝うのは何故なのかが説明出来なくて困っている。
個人的には今作の中でもお気に入りの一曲。
一本のライブの中で、どのタイミングに持ってくるのかが気になっている。

5、労働讃歌
この曲を聴いた事の無い人は損をしている。そう言い切ってもいい。
大槻ケンヂの世界観と、それを体現する少女達の抜群にマッチしたミスマッチが秀逸。
ライブでは序盤・中盤・終盤・アンコール、どこに持ってきてもハズレない。
6thシングル曲。

6、ゲッダーン!
アクの塊のような今作で、頭一つ出た心地良さを放つ一曲。
このリズムにこのメロディが出す安心感に癒される。
個人的にはライブで演らなくなりそうな気がしている。

7、Z女戦争
今の日本が誇る、奇才・やくしまるえつこにしか書けないであろう奇曲。
ももクロの面々も「難し過ぎてよく分からない」らしく、私も分からない。
センスにメロディ付けて歌にしているような曲。
8thシングル曲。

8、月と銀紙飛行船
岩里祐穂の歌詞と3拍子のリズムも手伝って壮大な仕上がりを見せる。
色的な問題で、4分過ぎから涙腺が崩壊してしまう。個人的に。

9、BIRTH O BIRTH
Neo STARGATEと共通の世界観というか、セットな曲。
演るとしたら終盤だろう。
サビ前のスラップ風なトコを聴くとニヤリとしてしまう。

10、上球物語-Crape diem-
かなりアガる曲なのだが、Chai Maxxとカブってる感が否めない。
チャイマ嫌いなモノノフは居ないので辛い二択が実施されないことを願う。
途中の「ドゥビドゥビダバダ」で悶絶しない奴はモノノフを辞めるべきだ。

11、宙飛ぶ!お座敷列車
曲を聴く前からタイトルだけで楽しみだった曲。
もちろん期待は裏切らなかった。
アンコール1曲目に演ってくれるとリミッターが破壊されるだろう。
列車みたいなのに乗って会場を一周する彼女達を思い浮かべて笑いが止まらない。

12、サラバ、愛しき悲しみたちよ
もはや説明不要、渾身の布袋イズム。
この先、ステージで布袋寅泰と共演なんて事になったら、きっと自我は保てない。
前のクリスマスの1曲目だったから今回はどこら辺なのか…。

13、灰とダイヤモンド
ももクロの戦友、前山田健一の今作唯一の楽曲。
「過去よりも高く跳ぶために」まさに今の彼女達の事じゃないか。
曲だけを聴くと、結構いい曲。
彼女達を知った上で聴くと、どうしようもなくいい曲。

簡単に書いてみたつもりだけど、それでも2時間潰れた。
書きたい事はまだあるが、これ以上、筆を進めることは出来ない。
何故かって?




…バスに酔いそうなんだよ(ー ー;)
【2013.04.12】 桃黒 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
先輩様について私が知っている二、三の事柄とは
今日は、いつもお世話になってる先輩様との家呑みの日。
ホントは真っ昼間から呑んだくれてたかったけど、昼寝落ちにより断念・・・orz

ウチから先輩様宅までの距離はたいした事無いのだが、ちょっとした山の上にあるのがネック。
『義兄にチャリでも借りて行くかなー』とか考えながら出発準備。
そしていざ出発の際に1Fから聞こえる母の『自転車が飛んでいっとるー!!』
そう、今日の岡山県は台風並みの暴風の日。
残念ながら飛んで行った自転車に興味は無い。
すぐさま先輩様に電話してお迎えを依頼するのだが、この先輩は休日の昼間から呑む習性がある。
電話に出た先輩様はやっぱり既に呑んでらっしゃるご様子・・・。
仕方ない。時間はかかるが歩いて行くか。
・・・と思ってたら電話の向こうで先輩様と誰かの話し声?

先輩様:『うん、大丈夫。嫁サンの運転で迎えに行くよ!』

えぇぇぇ!そいつぁ申し訳ない!!

先輩様:『あ、「高くつくよ〜」って言っとるわw』

プレッシャァァァァ!!!

部屋の中をひっくり返しても、この部屋には女性に喜んでもらえる物なんてありはしない。
軽めのヲタクから重度の厨二病患者までなら発狂しそうなぐらい喜ばせてあげられるんだが・・・。
かくして、そんな高い訳じゃないワインを片手に待ってるところを拾って頂きました。

先輩様は重度の厨二病を患っており、回復の見込みも意志もみられない状態。
2人で呑ませてもらう時は、ほとんどずっとヲタ全開な話ばかりしています。
もちろんこの日も終始全力全開。
先月アキバへ行って来られたので、お土産&土産話で楽しませてもらいました。

安定感抜群のお土産達を頂きました。

IMG_0359.jpg

ただ旅のメインは、とあるアニメのイベントの参戦で、いわゆる『ライブ』というものは初体験だったそうです。
人生初のライブ参戦の模様をそれはそれはアツく語ってくれました。
先輩様、私はそんな遊びを20年くらい楽しんでるんですよww。
僭越ながらライブ参戦の際の心得的なものを少々講釈させてもらいました。

その後、話題は来週私が参戦するももクロのライブへ。
この手のイベントに必須とされるのがサイリウムやペンライトといったもの。
もちろん私も持っていますが、ちょっと欲が出てしまい、先輩様に加工をお願いしました。

元はこんな感じだったのが・・・

IMG_0360.jpg

先輩様の手によりパワーアップ!

IMG_0361.jpg

反対側。

IMG_0362.jpg

超光るぜぇ?

IMG_0363.jpg

画像の加工・編集が出来ない私にとって、さらっとフォトショを使いこなす先輩様はカッチョよかった。
そういえばこの人は昔からそうだった。
電柱よじ上って電話線引っ張ったり、家電の分解修理なんかも当たり前にこなす。
かと思えば家で1人で白衣着てDr.Pepper飲みながら変な高笑いもこなしてみたり・・・。
まぁ結論から言うと変な人なのだ。
私は『ヲタク』と呼ばれる人の魅力は『人の趣味を否定しない』ところだと思っている。

『するべき事をしていれば、趣味は誰に恥じる事もありますまい』

実際、私も法と倫理に触れない限り、友人達の趣味は全肯定している。
確認した訳じゃないが、きっと先輩様も似た様な考えなのだろう。
先輩様と2人の時は一方に興味の無いアニメやバスやバンドやももクロの話が飛び交っている。
かなりアツくなって熱弁を振るう事もあるが、もう一方がうんざりする事は決して無い(と思う)。

パワーアップした武器を片手に、来週は西武ドームではっちゃけてきます!
その結果『やっぱ二刀流じゃないと足りないっ!』ってなったら、もう1本作って下さいねw


【2013.04.07】 桃黒 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CALENDER
03 // 2013.04 // 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 tokiの青春周回遅れ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。