青春時代に終わりは無いと主張する大人になれない大人が日々想うこと
プロフィール

toki

Author:toki
音楽が好き。林檎が好き。
でもやっぱり週刊少年ジャンプが一番好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
来客数
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
きっとやめられない。とは
私は中古CDショップが大好物だ。
内容と価格の釣り合いが取れていない商品を探し当てた時の喜びは他に例えられない。
先日も休日を利用して行ってきた。

この日の収穫は以下のとおり。
IMG_0250.jpg
脳内百景:フラワーカンパニーズ
友だちを殺してまで:神聖かまってちゃん
twice:FUZZY CONTROL
make believe:Weezer
c'mon c'mon:sheryl crow

こうして大掃除もせず、音楽を聴きながら休日が終わるのでした。
スポンサーサイト
【2012.12.18】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
児島のぼっけぇばあちゃん
島田洋七のばあちゃんは知らないが、うちのばあちゃんもなかなかのものだ。

ばぁちゃんは大正生まれなのに孫&曾孫と七並べをする。
しかも涼しい顔して8を出さないしたたかさ。
祖母のおかげで9が出せない曾孫に真顔で『誰が持っとんじゃろうなぁ?』ときたもんだ。
かくいう私も幼少時代によくダマされていたのは言うまでもない。

ばぁちゃんは腰が曲がっているのにやたらと出歩く。
冗談抜きで、ドリフのコントに出てくる婆ちゃん並みに曲がっていた。
若い頃に風呂場で転んで以来、伸びなくなってしまったのだそうだ。
ただ、そんな状態で小さかった頃の私の手を引き、幼稚園の送り迎えをしてくれた。
なんならバスを乗り継いでのお出掛けだってお手の物だった。

ばぁちゃんは若い頃、我が家の一家離散の危機を救っている。
ばぁちゃんの旦那さんこと私の祖父は、気前のいいギャンブラーだった。
家財を売り払って競艇に興じていたらしく、当時は結構とんでもない暮らしだったらしい。
さらに気前のよさも手伝って、負けたくせに他人に奢るという厄介さだったと聞いている。
今のtoki家があるのは、ばあちゃんが金目の物をマメに隠してくれたおかげだそうだ。

私に会った事のある人は分かって頂けるだろうが、私は口が悪い。
ちなみに私の父は私より口が悪く、母&姉達も負けず劣らず悪い。
どうやらウチは代々口の悪い家系の様だ。
そんな家系に身を置きながら、誰からも愛された異例中の異例なばぁちゃんなのだ。

そんなばぁちゃんの葬儀が、無事に昨日終わりました。
大正4年2月28日生まれ。数えで98歳の大往生でした。
夫婦共働きだった我が家で、私の帰りを迎えてくれたのはいつもばあちゃんだった。
祖母であり母、そんなばぁちゃんでした。
私は、ばぁちゃんほどみんなに愛される人生はきっと送れない。
でも、ばあちゃんに貰った優しさはずっと持っていたい。
その優しさを胸に、これからも毒を吐きながら生きて行こうと思いました。

ウチで発掘された昭和17年のばぁちゃんがこれ。べっぴんでしょ?

IMG_0239.jpg

ばぁちゃん、ほんとうにありがとう。
【2012.12.04】 雑記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CALENDER
10 // 2012.12 // 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 tokiの青春周回遅れ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。