青春時代に終わりは無いと主張する大人になれない大人が日々想うこと
プロフィール

toki

Author:toki
音楽が好き。林檎が好き。
でもやっぱり週刊少年ジャンプが一番好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
来客数
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
叩けっ!とは
ドラマ『のだめカンタービレ』の最終回を何度も見返す日々は少し休憩。
ウチのDVDレコーダーがDVDを再生してくれなくなったので下見も兼ねてちょっと外出。
何件か電気屋をまわり、素通りが出来ないハードオフへ。
商品が代わり映えしないのは、週に4回も通ってるからか。

楽器のコーナーでボーッとしてた時の隣のカップルの会話。

男>うそー!あいつドラム弾けるん!?
女>うん、弾けるよ。だって文化祭ん時にやりょーたもん。
男>まじで?知らんかったわー。
女>ほんまー。でもドラム弾けたらかっこえーよなー。

ドラムは『叩け』!
スポンサーサイト
【2006.12.28】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろうか?とは
本日は聖なる夜、クリスマスイブです。
この日は世界中が愛(偽り、商売含む)に満ち溢れる日です。

女性はプレゼントを、子供はnintendo DSをねだります。
革ジャンを着たロッケンローラーがwham!を聴き、だいたいの仏教徒が赤い帽子を被ります。
ホテルというホテルが満室になり、贈り物の見返りが支払われます。
恋人のいない男女達は『クリスマスなんて』とか言いながらこの日だけは暴飲暴食を。
世界中のクリスマスツリーが生中継され、北朝鮮の核問題は一時的に忘れ去られます。
町に曲が流れ、忘れ去られた『稲垣◯一』が一時的に思い出されます。


なんて素晴らしく、そしてくだらない日なんでしょう。
こんな日の私といえば、まずは朝からヤフオクで落札されたギターの梱包。
サンボマスターのDVDを観て泣きながら昼寝。
十分に寝溜め出来たら極寒の夜勤へ出発。

世界はそれを『哀』と呼ぶんだぜっと。
【2006.12.24】 雑記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
君の盾になるとは
今の日本ボクシング会で最も客の呼べる男、亀田興毅の初防衛戦を観ました。
前回の波紋を巻き起こした試合も観ていたので、若干ドキドキしていました。

結論から言うと、いい試合だったかと思います。
今回は試合内容にも判定にも納得のいくものだったのではないでしょうか?
ひとつ残念だったのは国歌斉唱でしょうか。やっぱり『彼』じゃないと。

試合が終わった後のインタビューで亀田興毅は涙混じりに言いました。


『前のタイトルマッチが終わった時もな、親父が、親父が盾になってくれたから・・・。』


確かに。前試合終了からメディア露出を一手に引き受けたのは彼の父。
そんな親子の絆に、ついついホロっときたりもしました。
でもお父さん?盾になってやるんなら、あの髪型にしようとするのも止めてあげないと。
髪型だけでこんな気持ちになるのは、力士の兄弟喧嘩の時の弟クン以来です。

説得力無いかもしれんけど、私は亀田親子は嫌いではありません。念のため。
【2006.12.20】 雑記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
君のためにできないこととは
好きな相手の為に何かしてあげたいと思うのは人としての必然。
どこまでしてあげられるかは、『好き』という気持ちに比例するかと。
かくいう私も『好きだ!』と思った相手に出来る限りのことをしてあげたものです。

そんな私が、好きで好きで仕方が無い相手なのにしてあげられないことがあります。
それは『真上に手を上げて曲に合わせて左右に振る』こと。
5年程前にMr.Childrenのコンサートを観に甲子園球場に行ったコトがあります。
その時は『せっかく甲子園まで来たんだから』と自分に言い聞かせて手を振りました。

ライブを観に行くと、観客は様々なな動作をします。
拍手する、拳を突き上げる、精一杯の声援を送る・・・なんてとこかな。
このくらいなら私も何の抵抗も無く出来るのです。
ただ、あの動作だけは別です。
だって日常生活の中で絶対しない動作でしょ?
それに『水中で揺れるイソギンチャク』にしか見えんし。
自ら客席に向かって『みんなも一緒に』的な煽り方をされると本気で恥ずかしいです。

そんな私が自ら進んであの動作をしたことが一度だけあります。
あれは『サンボマスター』の高松公演。
自然に体が動いた自分に驚いたのをよく覚えています。
そんなことをDVD観ながら考えていました。

サンボマスター ライブDVD『僕と君の全ては日比谷野外音楽堂で唄え』良かったです。
【2006.12.17】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
冬の刺客とは
またえらく更新をさぼりました。
色々と書きたいこと、伝えたいことがあったけど無理でした。
何故かって?これが原因です。

うぃ


いくつになったって、誰になんて言われたってこれが楽しいんです。
【2006.12.16】 雑記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CALENDER
11 // 2006.12 // 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Copyright © 2005 tokiの青春周回遅れ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。